ブログ

CAD/CAM

2017年6月8日(木)

 こんにちは、たけだ歯科クリニック 院長の武田禎慶です。

 六月に入りましたので、そろそろ梅雨入りですかね?

 雨が続くと憂鬱になりますが、元気で頑張っていこうと思います。

 

 さて6月4日は、虫歯の予防dayでした。

 今年も小松市のすこやかセンターで行われた歯の検診・相談に行ってきました。

 約1800名の来場者が来られたとのことです。

 これで今季前半の検診はすべて終わりました。

 4月から、3歳児・保育所・小学校・高校は2校と、多くの子供たちのお口を検診しました。

 検診を通じて、一つ言えるのは、「虫歯が少なくなったなー」ということ。

 おそらく、お父さん、お母さん、ご家族の口腔内に対する意識が年々高くなってきているのでしょう。

 

 今回は、デジタル(CAD/CAM)で作製した詰め物についてです。

 近年、歯科業界のデジタル化は凄く進歩しました。

 数年前より格段に性能がUPし精度がかなりよくなりました。

 取引先の近所の技工所(山下技工所さん)にも、昨年末からセレックシステムが導入され、それまでは遠方へ外注に出していた詰め物や補綴物の作製に掛かる日数が短縮できるようになりました。

 下記の写真ですが、数日前より右の奥歯付近に違和感があり、その後、急に痛みがでてきた歯にデジタルで作製した詰め物を装着した症例です。

 右から2番目・詰め物の下での虫歯、神経までの距離は割と近いです。

 今回は麻酔後、虫歯除去時にDocsBestセメントを使用し、1週間ほど痛みが出ないか経過観察をしました。術前は痛みがありましたが、幸い麻酔が切れた後は、全く痛みがなくなり次の工程へ。(DocsBestセメントについて次回以降に改めて解説します。かなりの確率で神経を温存できると思いますが、決して万能ではないです。使用テクニックがいりますね。ちなみに小松で使用したのは僕が初めてです。)

 症状がない事を確認し、詰めのを入れるために、歯の形を整えます。

 そしてシリコン印象材で型を取ります。(印象採得)

 出来上がった模型を技工所でスキャニングと設計

ブロック削りだし(E-MAX)

 模型で最終調整(技工所)

口腔内試適・調整・装着(レジンセメント・ユニセムⅡ使用)

 というように従来は技工士さんがワックスで詰め物の形を作り、鋳型作製、ワックスを溶かして、使用する材料を置き換える方法(今でもあります。保険の銀歯はこの方法です。作成時、材料が膨張したり収縮したりするので装着時の調整時間がかかる事があります。)

 デジタルでの作業は、寸法の変化が少ないです⇒適合良いw

 あと数年後もっと変わるでしょう。 

 今回は模型をスキャニングしていますが、今後は、歯を削った後、従来の粘土様の物での型取りは少なくなり、口腔内スキャニングで詰め物を作る時代が普通になるでしょう。

 

作製物 右上5番 MOD E-MAXインレー  山下技工所 鈴 君

 

 

 

 

京都へ

2017年4月21日(金)

 こんばんは、たけだ歯科クリニック 武田禎慶です。

 すっかり桜が散ってしまいました。皆さんはお花見行かれました?

 

 先週、京都に研修を兼ねて奥さん先生と(僕は久々に)行ってきました。

兼ねてというのは、恩師(先輩・師匠)のお墓参りへも行ってきたからです。

自分が開業して診療できているのは、この先生のお陰だと感じています。

 なので、以前、一緒に働いていたスタッフに声を掛けてみると、11人の元同僚のお姉さま方が集まり懐かしい話に華が咲きました。

皆の近況を聞くと、それぞれの場所でそれぞれが活躍していて、とても楽しいお墓参りになりました。(先生、お墓の前で賑やかにしてすみません。)

高台寺庭園

10年ぶりに総本店の天一を食べたら、美味しかったけど、後がつらい・・・

 

3月9日!

2017年3月9日(木)

 こんにちは たけだ歯科クリニック 武田禎慶です。

 3月に入りましたが、寒いですね。やはり3月でも北陸では1度は雪が降ります。気温差があるので体調管理を気をつけないと。

 

 3月9日

 先日、病院へ健康診断に行った際に、目の前にポスターがありました。

 3(みゃ)月9(く)日で「脈の日」  

 心房細動から応じる脳梗塞を予防するために「脈の日(3月9日)」から1週間は、「心房細動週間」。

 HPを調べてみると、

 皆さん「脈とってますか?心電図調べてますか?」とあります。

 脳卒中(日本死因第4位、寝たきり要介護の状態になる最も多い原因の病)の約6割が脳梗塞で心臓にできた血の塊(血栓)が脳の血管に詰まり起きるのが脳梗塞(心原性脳塞栓症)で脳梗塞の2~3割を占めます。心原性脳塞栓症の原因の3/4は心房細動とのことです。梗塞のサイズが大きいため死亡率が高く、歩行の介助、寝たきりなどの重い症状が残る場合多いとのことです。

 心房細動患者が適切な抗凝固療法(血液を固まりにくくする治療)を受けると、約6割の脳梗塞を予防できることが分かっており、その普及が望まれま す。残念なことに、最近の調査によると、心房細動患者の約半数しか抗凝固療法を受けていません。心房細動患者の半数は無症状であり、脈拍のチェックや心電 図検査によって早期発見・受診をすることが、心房細動からの脳梗塞予防に不可欠です。

                            (心房細動週間HPから)

 心臓にできる血栓は口腔内の歯周病菌とも関連していると言われています。

 炎症が強い歯茎には歯周病菌が沢山(数えきれない程)。炎症が強いとは、歯磨き時すぐ出血する歯茎の事です。汚れが停滞すると歯垢、歯石となり歯や歯茎に付着します。ですが、これらは菌の塊。炎症が強いと(歯周病期間が長い場合は)血液中に細菌が入り全身に巡ってしまいます。その状態が長ければ長いほど血液中に血栓を作る作用に関係します。

 心房細動週間 歯科でプロのメンテナンスを!

 心房細動は年齢に関係なく起こります。

 これから高齢化が進む日本、今は大丈夫と思っていても大切なのはやはり普段の生活習慣です。

 少しでも健康でいられるように、僕も皆さんの病のリスクを少しでも下げることができるように頑張りたい。

 

 

 

ブラッシングで美白☆

2017年2月7日(火)

 こんばんは たけだ歯科クリニック院長 武田禎慶です。

 2月も寒い日が続きます。インフルエンザもかなり流行っているのでお気をつけください。ちなみに僕はインフルエンザは約20年間罹患していません。予防ワクチン接種も20年間行っておりません、が、何故か発症しない・・・(プロデンティスが効いてると思ってます。)

 先日、仕事終わりに認知症の勉強会に行ってきました。今回からテレビ会議システムが導入されたので金沢の会館に行かなくても小松市民病院にて講義を聴講できるようになりました。仕事終わりに出席できるのでかなりよいシステムだと感じました。

新製品情報 ルシェロ歯ブラシ W-10

 美白のために処方する

 ルシェロ歯ブラシW-10は歯に優しく効率的なステイン除去を目的に様々な角度から検証し誕生した、美白の為の歯ブラシです。

 さらにルシェロ歯磨きペースト ホワイトと組み合わせて使用することで、ルシェロ歯ブラシW-10の美白効果が最大限に引き出されます。

 と記載されております。

 先週発売され、当院にも昨日やっと入荷しました。が、既に在庫数本です。

 エアフロー(ステイン除去)⇒ルシェロホワイトでの毎日の歯磨き=美白☆

 この組み合わせは最高かもw

(注)ホワイトニングとは違います。

 当院は予約制で診療を行っております。

 初診の方はお電話(0761-41-5418)にて、ご予約お願いします。

(初診の方はお話しを聞いて、お口の状態を話たいので時間が掛かります。)

 当日の急な痛み、強い痛みの方は対応しますが、お待ち頂く時間長くなると思われます。

 大変申し訳ありませんが予約の方を優先で診療しています。

年末年始のお知らせ☆

2016年12月22日(木)

 こんにちは、たけだ歯科クリニック院長の武田禎慶です。

 今日は12月とは思えないような、かなり暖かい日でした。診療室の暖房も消す時間帯がありましたし、石川の冬ではない気がします・・・。

 

 本年は、12月28日(水)午前中まで診療しています。

 年始は、1月4日(水)より平常診療開始します。

 1月5日木曜日ですが診療します。

(1月2日は休日当番のため、午前9:00~12:00まで急患対応(応急処置のみ)します。急を要する方は当日ご連絡ください。)

 

 今年も沢山の方に来院して頂きありがとうございます。

 皆さんのお口の健康維持に微力ながらお手伝いできたでしょうか!

 普段から意識して歯磨きして頂ける方が増えています。

 ありがたいことです。

 僕らは歯を守ることが仕事です。

 だから皆さんの口腔ケアをする意識を高められるよう来年も沢山しゃべります。

(最近、忙しすぎて話す時間少ないかな・・・)

 皆さんご存知のRUSCELLOシリーズ。

 RUSCELLO WHITE で磨くとツルツルになります。

 一度お試しを。

 

 

 

↑
Copyright(c)2015.Takeda Dental Clinic. All Rights Reserved.